ドルマイコーチは水虫は根治不可、抗真菌薬で経過見て

ドルマイコーチはたいへんにすぐれた皮ふの薬で、皮ふ炎やあせもなどの治療に効果的です。
主な成分は抗生物質と副腎皮質ホルモンです。
ドルマイコーチの特徴はほんのちょっとつけただけであっという間にすぐ改善できます。
あせもや湿疹が、化膿していたり、化膿しかかっているような時につければ短時間できれいな皮膚に戻ります。

このドルマイコーチを水虫につけて治そうという場合があります。
抗生物質で菌に効くので水虫菌にも効果があるだろうというわけです。
ところが水虫を根治することはできません。
水虫は真菌というカビが原因菌ですので、治療には真菌を壊すために抗真菌薬でなくてはなりません。
しかしドルマイコーチは抗真菌薬ではないですので真菌を退治することはできないのです。

水虫の治療には抗真菌薬を用いて経過を見なくてはいけません。
なお、ドルマイコーチに添付されている使用方法の文書には、そもそも水虫には使用しないで下さいと注意書きがあります。
これは、上記のように真菌には効果がないこと、さらにドルマイコーチは副腎皮質ホルモンなどの強い薬ですから逆に副作用が出かねないためです。
この薬は長期連用しないで下さいとも書かれていますが、それは少しつけてみて自分には副作用がないか経過をチェックしなくてはいけないからです。
水虫は長期にわたって薬をつけ続けないと完治しないという知識がある患者は、長期につけ続けてしまう恐れがあります。
水虫には使わないように注意しておくべきです。

なぜ水虫にも効くと言われているかといいますと、ドルマイコーチを塗りますと短期間に皮ふがきれいになりますから、これで水虫も完治したと思い込んでしまうからです。
ところが水虫の菌は皮ふの奥深く隠れていまして、また時間を置いて働き出し、かゆみが再発します。
ですから、初めの段階から抗真菌薬を使って治療していき、経過を見ていくのが大事です。