フルコートは水虫には使えないので抗真菌薬で完治

フルコートは湿疹や皮ふ炎などによく効く薬で、少量をつけただけですぐ完治するような優れた薬です。
しかし、水虫の治療に関しては適していません。
添付文書にも、水虫たむしの患部には使用しないで下さいという注意書きがあるほどです。
よって、水虫にはフルコートは用いないようにします。

フルコートはステロイド外用剤というもので、主な成分は合成副腎皮質ホルモンと抗生物質です。
水虫に使ってはいけないという理由の一つはこの成分による副作用の心配があるからですが、もう一つの理由として、水虫は真菌によるものということです。
水虫は真菌というカビの一種なので、これを根治させるのは抗真菌薬というものでなくてはなりません。
フルコートは、確かに優秀な薬ではありますが、抗真菌薬ではないですから、真菌すなわち水虫の菌を根治させるものではなく、つまり用いても根本的に治すものではないということです。
水虫の治療には長くかかりますが、そもそもフルコートを長期に連用してはいけませんので、注意しておくことが大切です。

水虫の治療には不可欠な抗真菌薬でも、完治するまでには日数がかかります。
薬をつけ始めるとかゆみや皮ふのかさかさ、ポロポロ皮ふがとれる、などの症状はすぐに改善されてきます。
水虫の薬を買ってつけるというのはかゆみに悩まされ始めたからですので、かゆみが治まったら薬をすぐやめてしまうことが多いのですが、この時点で完治はしていません。
皮ふも表面上はよくなって、治ったように見えても、実は内部ではまだ菌が生き残っています。

そこで大事なのは、その後も抗真菌薬をつけ続けることです。
かゆみもなく、足の裏の皮がむけたりすることもなくても、何か月は薬をやめずに続けると、そこで初めて完治したと言えます。
しっかりとコツコツ薬を続けていくことが大切です。