抗真菌薬の主な副作用

副作用で吐きそうになる女性薬にはどんな種類でも副作用があります。
抗真菌薬も人によっては副作用が強く出やすいです。

外服タイプの抗真菌薬は、患部だけで作用するので健康を著しく害するような重大な副作用はありません。
しかし薬が合わないと患部が刺激を受けて赤くなったり痒みや痛みを伴ったりします。
液状薬ではアルコール剤が基材として用いられます。
よって塗った瞬間に爽快感が得られますが、患部にしみて、アルコールの刺激に弱い人がいます。
全身の副作用がでる心配はありませんが、まれに特定の薬剤でアレルギー反応を起こしたことがある人は全身症状が出る場合があります。

内服タイプの抗真菌薬は、外用薬と比べると副作用が全身に出る傾向にあります。
抗真菌約の有効成分が体内に入り、消化器官から血中に取り込まれ水虫のある患部で白癬菌を攻撃することで治療します。
薬が代謝される時にそれぞれの臓器に影響を与えるので、最初に服用した時に下痢や胃痛、食欲不振になることがあります。
その他にも胃潰瘍や肝臓や腎臓の機能低下、嘔吐など様々な副作用が報告されています。
内服タイプの抗真菌薬は治療しにくい水虫に使いますが、中高年が処方されることが多いです。
中高年は高血圧や高脂血症、糖尿病などを発症しているケースがあるため、これらの治療薬と抗真菌薬の飲み合わせが悪くて副作用が出る恐れがあります。

健康な人だけでなく、疾患をすでに持っている人は定期的に血液検査をするなど、体が健康かを確かめましょう。
もし薬の副作用が出た場合は、使用を中止して医師の診察を受けます。
妊娠中の女性やアレルギー体質の人が副作用の症状を悪化させやすいので、薬の種類や量を変えて安全に治療する必要があります。